このページは・・・


HANDS世田谷スタッフによる、
お勧めの本・映画・音楽などをご紹介していきます。
どうぞご賞味くださいませ。

県庁おもてなし課 私が紹介するのは有川浩さんの『県庁おもてなし課』です。
私が有川浩さんの作品を初めて呼んだのは、大学の友達に勧められた『図書館戦争シリーズ』でした。有川浩さんの作品は、登場人物の掛け合いや食べ物や風景の描写が上手くすぐにはまってしまいました。それ以来有川さんの作品はかかさず読むようにしています。
今回紹介する『県庁おもてなし課』は、高知県の観光を盛り上げるために県庁に「おもてなし課」が発足し、高知県に人を呼ぼうと奮闘する物語です。
県庁という堅苦しい場所が舞台ですが、有川さんお得意の登場人物の掛け合い(方言を使った会話など)のおかげですらすらと読むことができました。
「おもてなし課」の職員がどのように成長し、県庁という縦社会の中でどのように企画を通すかが見所です。
みなさんも読んでみてください。
2012/07/26(木) 20:51 PERMALINK