このページは・・・


HANDS世田谷スタッフによる、
お勧めの本・映画・音楽などをご紹介していきます。
どうぞご賞味くださいませ。

フリーター、家を買う。 昨今問題視されている、「フリーター」や「ニート」と呼ばれる若者の視点から、再就職、うつ病を持つ家族との関係性など様々な問題と向き合う様子が描かれる。
フィクションであるため、多少のご都合主義は否めないが、それでも問題解決のために一念発起し、悩みながら奔走する主人公の姿は読者に活力を与える。
「うつ病」という、具体的な症状が世間一般にはまだあまり認知・理解されているとは言い難い精神症状を、その家族の視点から描いたことで、話題作となった。

2009年に初版が発行、2010年にはドラマ化され、
主人公「武 誠治」役を嵐の二宮和也が演じ、大ヒット作となりました。
一見とっつきにくい重いテーマを、ライトノベル出身のベストセラー作家「有川 浩」が
爽やかに描いています。
転職の際の採用面接に挑む主人公の心情も細かく書かれているので、
「就職・転職の指南書のひとつ」として読んでみても面白いかもしれません。
(bassy)

2011/09/28(水) 02:08 PERMALINK
レント(1枚組) [DVD] 1989年12月24日から1年間を通して、
ダンサー、シンガー、パフォーマーなど、様々なアーティストを志す若者たちの姿を描く青春群像劇。
貧困と病魔に苛まれる日々の生活の中で、愛と生きることの喜びを見いだしていく。
ゲイやレズビアンなどのセクシャルマイノリティ、ヘロイン中毒、そしてHIVなど、
1980年代終わりのニューヨークの世相や社会問題を反映したストーリーとなっている。

1996年、オフブロードウェイのニューヨーク・シアター・ワークショップで初公開され、
瞬く間に社会現象となったミュージカルの映画化作品です。
「Rent」、「Seasons Of Love」、「Finale」など、数々の名曲を世に生み出しました。

冒頭から若者達が圧倒的な熱量で各曲を歌い上げる様は正に「圧巻」の一言で、
観終わった後、何かが心に残ることは間違いありません。

エネルギーが欲しいときに見て欲しい作品です。
(bassy)
2011/09/26(月) 20:12 映画(邦画/洋画) PERMALINK
困ってるひと 富士山、チョモランマ、マッキンリー…。
世界各国、登頂が困難な山々は本当にたくさんあるが、
我々にとって馴染み深いこの「日本」国内にこそ、登山者に最も困難を強いる超巨大な山が存在している。

現代社会における「制度」という大きな大きな山。

本来であれば多くの人々を支え、支援するために設けられたこの「制度」の存在は、現実では冷たく重い鋼鉄の鎖となって、生きようとする人をがんじがらめに縛り付ける。

この山の、登っていくことがなんと困難なことか。
それこそ命がけである。
遠くから眺めて、ぼんやりとその全容が辛うじて見えるようにも感じるが、
如何せん眺めているだけの時といざ地に足をつけて挑まなければならない時とでは歴然とした大きな差がある。

誰でも、登らなければならない時が必ず来る。
いざ自分が「制度」というの山の麓に立ったとき、その穴ぼこだらけの足元と、
脆く崩れやすい斜面に愕然とする。
必要な政策を求める者を、次々と容赦なく暗く深い谷間に突き落としていく、日本の「制度」。
満身創痍でもひたすら「登らせる」ことのみを強制する、この現代日本社会の問題点に向き合い、
戦いを挑む26歳のうら若き乙女である筆者のリアルな視点が、
読者に強い問題提起を投げかけていく。

世代や職業を問わず、老若男女様々な人に読んで頂きたい一冊です。
ちょっと僕も友人知人に広めまくってきます。
(bassy)
2011/09/16(金) 02:31 PERMALINK