このページは・・・


HANDS世田谷スタッフによる、
お勧めの本・映画・音楽などをご紹介していきます。
どうぞご賞味くださいませ。

季節の記憶 (中公文庫) 保坂和志の1996年に出版された小説。
鎌倉に住む父と息子の、特に何も起こらないごくありふれた日常が描かれているだけの話。しかし、父の息子への向き合い方や接し方、近所に住む家族との関係が、泣いたり笑ったりとは違う種類の静かで澄んだ感動をおぼえる。小津安二郎の映画のような、ごく日常に溢れる美しさがちりばめられている小説。

保坂和志の小説は、「何も起こらない」「ユルい」と評されることが多い。実際、彼の小説では、何も起こらない、誰も死なない、性描写もない。平坦な日常がただ描かれているだけだ。そしてその文章は、読点が永遠に続き一文が長い。慣れるまではリズムが掴みづらくダラダラした印象があり、それが一層ユルさを引き立たす。
彼の小説しか読んだことのない人は、彼を、彼の小説に出てくる主人公のように「ユルい人」だと思うかもしれない。しかし、エッセイを読めば、彼が、もしかすると他のどの小説家よりも哲学的で論理的な思想の持ち主だということに驚くと思う。そして、呆れるほどに小説のことしか考えていないことにも。

この小説も、彼の真摯に小説に向き合い、生きることを常に考えた末に生まれたものだと思う。しかし、一切の押し付けや教訓じみたところはない。徹底して存在しない。何も考えずに読めば、ただのユルい人達が出てくるダラダラしたユルい話だ。気楽に読める。
しかし、私たちがいつもの何気ない会話にも新しさや感動、尊敬を発見するように、彼らの何でもない日常からも同じような感情が自分の中に生まれてくる。
何の事件が起きないことと、何の心の変化がないことはイコールではない。

この小説の一番素晴らしいところは、父親の子供に対する姿勢と言葉だ。何よりも大切な本質的なことだけは手を抜かず徹底的に向き合う。一人の人間として話しかける言葉が、親や年長という位置でなく、「今はそれを君は知らないだけだよ。私は知っているだけだよ」という同じ目線にあることが、本当に素晴らしい。


保坂和志が、どうしてこのような形の小説を書いているのか。それは「書きあぐねている人のための小説入門」というエッセイからも分かる。これは、小説を書きたい人たちだけでなく、すべての芸術や創作活動をしている人たちに読んでもらいたい優れた芸術論だと思う。
そして、この本を読めば、「ユルい」だけだと思っていた小説が、どれほど「小説」という呪縛から自由になろうとしている小説かが分かると思う。

どちらも、お勧めの本です。
(yuka)
2011/10/21(金) 16:52 PERMALINK
ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア [DVD] ドイツのトーマス・ヤーン監督の傑作ロードムービー。

あと何日生きられるか分からない二人の男が、天国で流行っているという「海」の話に加わることができるように、本物の海を見に行くという物語。
病院に停まっている車を盗み、店や銀行からは大金を奪う。警察やワケありな車の持ち主には追いかけられる。日を追うごとに悪事はエスカレートしていく。そんな逃亡劇がテンポよく描かれている。
「もうすぐ死ぬんだから、怖いものはない」という荒くれ方も、潔く痛快。しかし、そんな悪事を賞賛するだけの映画なら、映画ファンの間でこれほど愛されてはいない。

海はもう目の前というところで、彼らは車の持ち主に捕まってしまう。海を見るという希望をくじかれ、死を目前としながらも殺されようとしている。しかし、この映画は、ここから本当の物語が始まる。


ドイツにはほとんど海がない。海や太陽はバカンス先にしかないもので、生活には存在しないものだ。日本人には考えられないが、海を見ず魚を食べずに死んでいく人も普通にいる。ドイツ人にとって、海は簡単に触れることのできない憧れの存在なのだ。
日本でもリメイクされたようだが、これは海に強い羨望をもつドイツ人にしか作ることのできなかった映画。これだけの悪事を繰り返してでも海に向かうのは、天国で仲間はずれになってしまうことが寂しいという理由だけではない。

しかし、この思いはドイツ人や海がない国の人達だけのものではないことは、映画の中でしっかりと証明してくれる。そして、そのシーンこそ、この映画の愛される理由だと思う。


天国で、海についてどんな話をされているのかを伝える台詞。この台詞を聞くだけでも観る価値がある。本当によい映画なので一度観てみてください。
(yuka)

2011/10/13(木) 15:47 映画(邦画/洋画) PERMALINK